中学生高校生でも肉割れはできる?

肉割れと聞くと妊娠線をイメージする人が多く、妊婦さんにできるものでは?と思われがちですが、実は中学生高校生にもできることがあります。

私自身、肉割れは中学生のころにできたので間違いないです。。ただ、お腹にできるのはやはり妊婦さんが多い傾向にあります。中学生高校生の場合は、妊婦さんと違って脂肪や筋肉がつきやすい場所に肉割れができます。

もちろん、10代でお腹が出てる人もいると思いますが、妊婦さん並みに出る人は少ないですからね。ゼロではありませんが、太ももや二の腕の方が多いと思います。

もし、今10代で肉割れができてしまった人は早い処置をおすすめします。私のように放置してしまうと後で治すのがとても大変になるので。

ケアの方法はマッサージや保湿などいろいろありますが、もし可能なら肉割れ用のクリームを使ってください。ただの保湿成分だけではなく肌の機能を修復してくれる成分が入っている方がいいと思います。

値段が少し高いのでなかなか手が出ないかもしれませんが、長い目で見ると早めのケアは大切なのでぜひ使ってみてください。

もし、どうしてもお金が高くて買えないというのであれば、ドラッグストアなどで売られているアットノンやケシミンをおすすめします。ただ、容量が少なくて1,500円もするので、買い続けることを考えるとコスパは悪いような気もします。

アットノンなどは肉割れ用のクリームと違って伸びが悪いので、使う前に化粧水と乳液を塗って、ちょっとの量でも広範囲に使えるようにすると節約できます。

もし肉割れ専用クリームを探している人がいたら、プレマームやベルタというクリームがおすすめなのでぜひチェックしてみてください。「肉割れクリームチェック」のランキングにも入っています。

ベルタの方はどちらかというと妊婦さん向けなので、中学生高校生にはプレマームがいいと思います。