ダイエットで肉割れを起こす?

インターネットを検索していると、「急激なダイエットは肉割れの原因!」という記事を見ますが、基本的には、ダイエットで肉割れが起きることはありません。

 

肉割れは、表皮が引き延ばされることにより真皮が裂けてできるもの。そのため、ダイエット後に発見されることが多い太ももの肉割れは、太っているときにできていたものと考えられます。

 

ただ、急激な筋肉量の増加でも真皮のコラーゲン繊維が避けることがあるので、どちらかというと、急激なダイエットというより、急激な筋肉成長で肉割れができるといえます。

 

ダイエット後に太ももの肉割れを発見した方は、ご自分がどのように太ったのか思い出してみてください。割と短期間で体重が増えたのではないでしょうか。おそらく、心当たりがあると思います。

 

現在、ダイエットを考えている方は、一度、体全体をチェックすることをおすすめします。

 

特に肉割れができやすいお腹まわり、太もも、ふくらはぎに肉割れ線はありませんか?体に脂肪がある時は目立たない場合も多々あります。残念ながら、痩せると今以上に目立ってしまうのも事実。

 

ダイエット後に肉割れを目立たせないようにするためには、乾燥させないことが大切です。ダイエットと同時にしっかりと保湿を行ってください。これだけで、だいぶ違います。

 

そして、体重が落ち始めたら定期的に肉割れの状態を確認してください。保湿している分、目立ちにくいと思いますが、それでもまだ気になるようであれば、肉割れ用のクリームをおすすめします。

 

使用方法は、メーカーによって様々ですが、「できる限り乾燥させない」ことを目標にして続けてください。肉割れクリームには、ただ保湿するだけではなく、肉割れケア用の成分が入っているものも多いのでより効果的です。

 

コメントを残す