中学生高校生でも肉割れはできる?

肉割れと聞くと妊娠線をイメージする人が多く、妊婦さんにできるものでは?と思われがちですが、実は中学生高校生にもできることがあります。

私自身、肉割れは中学生のころにできたので間違いないです。。ただ、お腹にできるのはやはり妊婦さんが多い傾向にあります。中学生高校生の場合は、妊婦さんと違って脂肪や筋肉がつきやすい場所に肉割れができます。

もちろん、10代でお腹が出てる人もいると思いますが、妊婦さん並みに出る人は少ないですからね。ゼロではありませんが、太ももや二の腕の方が多いと思います。

もし、今10代で肉割れができてしまった人は早い処置をおすすめします。私のように放置してしまうと後で治すのがとても大変になるので。

ケアの方法はマッサージや保湿などいろいろありますが、もし可能なら肉割れ用のクリームを使ってください。ただの保湿成分だけではなく肌の機能を修復してくれる成分が入っている方がいいと思います。

値段が少し高いのでなかなか手が出ないかもしれませんが、長い目で見ると早めのケアは大切なのでぜひ使ってみてください。

もし、どうしてもお金が高くて買えないというのであれば、ドラッグストアなどで売られているアットノンやケシミンをおすすめします。ただ、容量が少なくて1,500円もするので、買い続けることを考えるとコスパは悪いような気もします。

アットノンなどは肉割れ用のクリームと違って伸びが悪いので、使う前に化粧水と乳液を塗って、ちょっとの量でも広範囲に使えるようにすると節約できます。

もし肉割れ専用クリームを探している人がいたら、プレマームやベルタというクリームがおすすめなのでぜひチェックしてみてください。「肉割れクリームチェック」のランキングにも入っています。

ベルタの方はどちらかというと妊婦さん向けなので、中学生高校生にはプレマームがいいと思います。

 

肉割れができたり消えたりする!?

今日、肉割れに悩む知り合いから「肉割れができたり消えたりしてる気がするんだけど気のせいかな」という質問を受けました。

詳しく聞いてみると一度消えた肉割れが同じように再発していました。写真の撮り方にもよると思うんですが、確かに1度なくなっています。

肉割れができている場所は太ももではなく腕なのでちょっと違うと思いますが、こういうことってあるんですね。

経緯としては、筋トレのやりすぎで腕に薄く肉割れができて、気づいた時点で肉割れクリームでケアをしたそうです。それで、きれいになくなったようなのですが、また筋トレを再開したら出てきたと。

彼女の場合は、①症状の軽い肉割れだった、②気づいてすぐにケアをした、③肉割れができた場所は腕だった、と私の場合と少し状況が違います。

が、しかし肉割れクリームで消えたということなので、私も今のままクリームでケアを続けていこうと思います。

太ももの肉割れのためにできるマッサージ

太ももにできた肉割れケアは、クリームやオイルを塗ったときにマッサージも一緒に行うと効果的です。

太ももはリンパが滞りやすいので軽くもみほぐして老廃物の流れをスムーズに行うと良いでしょう。

太ももマッサージのポイントは下から上にもみこむこと。もし時間に余裕があれば、足の指から始めてふくらはぎ、膝裏、太もも、お尻という順番で行ってください。

最初は指先で優しく、そしてだんだんと強く、最終的には手のひらでもみほぐすようにするとリンパの流れが良くなります。

オイルや保湿クリームは足指からふくらはぎまで全体に塗ってください。肉割れ専用のクリームの場合は、肉割れができている部分だけでOKです。

マッサージは、血流が良いお風呂上りに行うと効果が上がります。できればシャワーではなく湯船につかるようにしてください。

下から上にさすり上げるようにすることで、肉割れケアだけでなく脚痩せマッサージにもなるので一石二鳥です。

太ももの付け根にできる肉割れ

今回は太ももの付け根にできる肉割れについてお話ししたいと思います。

付け根部分は太ももの中で一番脂肪がつきやすいため、男性より女性に多く肉割れができやすい場所です。人によってはお尻から太ももの付け根に長い肉割れができることも。

もちろん男性の場合も、脂肪が多いとこの部分にできやすくなりますので、脂肪太り気味の人は注意が必要です。

太ももの付け根の肉割れは、前側より後ろ側にできやすいので発見するまで時間がたってしまうことも多くなります。

肉割れは発見が遅れると治すことが難しくなります。現在他の場所に肉割れができている方も姿見などで定期的にチェックすることをおすすめします。

さらに、太ももの付け根部分は汗をかいて蒸れやすいので、症状が悪化することがあります。特に赤みのあるできたばかりの肉割れの場合はか痛みが出たりぶれてしまうこともあるので、クリームなどでのケアが必要になります。

汗が引くと乾燥しやすくなるので保湿ケアも併せて行ってください。